事務未経験転職4つのハードル【第4回】資格の有無

資格の有無に関して


事務という職種に就こうと思った時、大まかに4つのハードルがあります。

 

 

@性別

 

A未経験(実務経験の有無)

 

B年齢の壁(30代以上)

 

C資格の有無(TOEIC700点以上,日商簿記2級等々)⇒今回のテーマです

 

 

これらを全4回に分けて紹介します。

 

 

第4回の今回は"C資格の有無"に関して紹介します。

 

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

 

----------

資格は1つの目安

今回のテーマは”資格の有無”についてですが、結論を先に書きます。

 

 

”事務職において資格はあるに越したことはないが、必須ではない場合が多い”

 

 

という事です。

 

”事務未経験転職4つのハードル【第2回】実務経験”でも書きましたが、事務職において実務経験の有無が最も重要視されます。資格は実務経験が無い場合、その分野(簿記や会計等)の勉強をしてきたことがあるので、全くの素人ではないですよという事をアピールするために効果があります。

 

 

持っていないよりは持っていた方が良いという感覚です。

 

 

ただし、目指す職種によっては持っていた方が良い資格があります。

 

 

まず、経理事務です。経理事務を目指す人は日商簿記(出来れば2級が欲しい)です。

 

 

経理関係は、初めて見る人は何の事か訳が分からない専門用語が多いので、企業側からしたら実務経験が無いのであれば持っててくれた方が安心します。

 

 

次に、人気の医療事務(現在約30種類程あります)などもありますね。経理事務、医療事務を目指すのであれば、これらの資格は持っておいた方が良いです。

 

 

募集要項に、”実務経験もしくは日商簿記2級をお持ちの方”といったような文言が記載されている場合が多いからです。ただ、資格はすぐに取れるものではないので働きながら資格を取得の勉強をすることをお勧めします。

 

 

資格取得の勉強というと、すぐに『学校に通ったほうがいいですか?』という質問を受けますが、ものによりきりですね。

 

 

学校に通わないといけないものもあれば、通わずに独学でもいけるものもあります。また、派遣会社が主催する無料講座(講座によっては一部有料)を活用して勉強するという選択肢もあります。

 

 

まずは、いきなり学校と考えずに、書店に行って考えている資格の参考書を手に取って見るのがいいと思います。

 

 

その際は、出来るだけ薄くて、『入門』『基礎』と書いてあるような本を1週間くらいかけて読んでみてください。

 

 

それで全然無理だと思えば学校を検討しなければいけないかもしれませんが、大抵のものは独学で何とかなると思いますよ。

Office関係は資格はいらないが使えるようにしておくこと

次に資格はいらないのですが、使えるようにしておかないといけないものがあります。それは、Microsoft社のOfficeです。

 

 

・Word(文書作成に使用)⇒必須

 

・Excel(グラフ作成、表作成等に使用)⇒必須(特にVLOOK、IF関数まで使えると選択肢が確実に増えます。マクロまで使えたら言う事無しです)

 

・Powerpoint(企画書作成に使用)⇒営業事務であれば使えた方が良いです

 

・Access(データベース作成)⇒使用出来たら他の候補者を一歩リードできます

 

・Outlook(メールソフトです)⇒出来れば使えた方が良いです。会社メールでOutlookを使用している事が多いので、使えた方が良いです。

 

 

Office関連の資格が有りますが、正直持っていても持っていなくても大して変わらないと思います。

 

 

ただし、Office関連については使ったことが無い方は絶対に使って覚えてください。特にExcelは何が何でも覚えてください。最低でも表・グラフ作成・オートSUM(計算式)は使用出来るように。

 

 

また、可能であればVLOOK、IF関数まで使えると本当に選択肢が広がります。加えてマクロまで使えたら最強です。

 

 

一部外国メーカーの物を除いて通常のWindowsPCであればWord、Excelは入っています。最近はプライベートPCでMacを使用している方が多いので、持っていない方もいるかもしれませんがその場合はWord、Excelを購入して勉強することをお勧めします。

 

 

ちなみに、元来Macはクリエーターが使用するPCでした。最近はデザインが良いので購入される方が多いようですね。

 

 

30代事務未経験から事務職を目指す場合、Word、Excelまで使うことが出来ないとなると流石に苦しいです。そうしないと、案件がほとんど無くなってしまうからです。

 

 

当サイトで紹介した34歳事務未経験から3週間で営業事務についた男性(こちらの記事)も、WordとExcelだけは最低限の部分(表作成とグラフ作成)を覚えて貰いました。1週間(1日2〜3時間)も真剣にやればそれくらいは大体分かるようになります。

 

 

繰り返しになりますが、Office関係は資格は取らなくても構いません。

 

 

私は何年も転職エージェントとして働いていますが、ただの一度も『MOSの資格を持っている人を紹介してください』と、企業側から依頼されたことはありません。

 

 

ですが、Word、Excel、PowerPointに代表されるOffice関係の実務経験に関しては、余裕で1,000回以上言われています。

 

 

ですから、資格を取ってくださいとは言いませんが、使用できるよう勉強はしてください。

 

 

Word、Excelを使用したことが無い方は、書店で薄い入門書を購入して勉強しても良いですし、派遣会社が企画している無料の勉強会(最近はオンラインでもやっています)で覚えても良いです。転職活動を進めながらで結構なので、絶対に取り組んでください。

まとめ

”事務未経験転職4つのハードル【第4回】資格の有無”のまとめです。

 

 

・資格は無いよりはあった方が良いという程度

 

 

・経理事務、医療事務を目指すの出れば資格はあった方が良い

 

 

・Word、Excelを使用出来るようにする。(最低でも表&グラフ作成&オートSUM。出来ればVLOOK、IF関数もあった方が良い。マクロが使えれば完璧)

 

以上です。

 

 

未経験で事務職を目指すなら押さえておきたい派遣会社

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】

 

 

この記事の最初に戻る