貿易事務の派遣求人【時給はいくら位か?】

貿易事務の派遣求人【時給はいくら位か?】

貿易事務という仕事があります。 貿易事務は簡単にいってしまうと、貿易事務は商社やメーカーなどの「輸出入に関する業務を行う事務職」の事です。

 

「派遣の貿易事務の時給はいくら位が相場なんですか?」

 

という質問を求職者からよく聞きます。

 

ここでは【派遣貿易事務の時給がいくら位か?】という事について紹介します。

派遣貿易事務地域別の時給相場はいくら位?

時給は地域や仕事内容によって当然異なります。仕事内容に関しては一概に比較できない部分があるので、ここでは地域別について紹介します。

 

地域別の派遣貿易事務平均時給

 

◆北海道の貿易事務平均時給:1030円

 

◆東北の貿易事務平均時給:1080円

 

◆北信越の貿易事務平均時給:1141円

 

◆関東の貿易事務平均時給:1591円

 

◆東海の貿易事務平均時給:1300円

 

◆関西の貿易事務平均時給:1342円

 

◆中国・四国の貿易事務平均時給:1128円

 

◆九州・沖縄の貿易事務平均時給:1147円

 

上記はリクナビ派遣に掲載されている貿易事務の求人の地域別平均時給です。(*2015年12月7日時点で記載されていたデータ

 

単純に関東から離れるにつれて時給が少しずつ下がっているのが見て取れます。物価が違うので一概に比較は出来ませんが、参考データとしてみてください。

 

リクナビ派遣公式サイトはこちら

主な都道府県別貿易事務の目安となる時給

次は、派遣貿易事務の目安となる時給をみてみましょう。ここでいう目安というのは、『だいたいこれくらいの金額であれば相場に近い時給』という意味とします。

 

 

ここでは、東京都と政令指定都市のある道府県の派遣貿易事務の目安となる時給を紹介します。求人案件を見る際の一つの指標にして頂ければ幸いです。

 

 

求人案件で、下記金額の時給が記載されていたら「これくらいが平均なんだな」と思って頂いて構いません。逆に、下記時給より金額が低ければ「相場よりも低い金額だから、相場と同じになるよう50円UPして貰えるように交渉してみようかな」というように1つの根拠として話してみるのもありだと思います。

 

 

もちろん、だからと言って時給をアップして貰えるとは限りませんし「この案件の時給はこの金額が目一杯です」といわれる可能性も高いですから、あくまでも1つの目安としてください。

 

目安となる時給の算出方法

 

:リクナビ派遣の【職種 × 時給(100円単位)】で検索を掛ける。その中でボリュームが一番あるゾーンを目安の金額とする。ただし、一番のゾーンと二番のゾーンが微差の場合、その範囲を合算し、その中間金額を目安の時給とする。

 

地域別の派遣貿易事務の目安となる時給

 

◆東京都の貿易事務時給相場:1600円〜1699円

 

◆北海道の貿易事務時給相場:1050円(データ抽出時点で求人案件は1件のみ)

 

◆宮城県の貿易事務時給相場:不明(データ抽出段階で求人案件なし)

 

◆埼玉県の貿易事務時給相場:1513円(データ抽出した時点で3件のみの為、平均値を表記)

 

◆千葉県の貿易事務時給相場:1400円(1300円台が約23%、1400円台が約23%を占めます)

 

◆神奈川県の貿易事務時給相場:1600円(1500円台が約40%、1600円台が約40%を占めます)

 

◆新潟県の貿易事務時給相場:不明(データ抽出段階で求人案件なし)

 

◆静岡県の貿易事務時給相場:1200円〜1299円

 

◆愛知県の貿易事務時給相場:1300円〜1399円

 

◆京都府の貿易事務時給相場:1300円〜1399円

 

◆大阪府の貿易事務時給相場:1400円〜1499円

 

◆兵庫県の貿易事務時給相場:1300円〜1399円

 

◆岡山県の貿易事務時給相場:1100円(データ抽出した時点で2件のみの為、平均値を表記)

 

◆広島県の貿易事務時給相場:1250円(データ抽出した時点で2件のみの為、平均値を表記)

 

◆福岡県の貿易事務時給相場:1100円〜1199円

 

◆熊本県の貿易事務時給相場:不明(データ抽出段階で求人案件なし)

 

*2015/12/7リクナビ派遣より算出

 

リクナビ派遣公式サイトはこちら

 

【関連記事】

 

貿易事務の仕事内容

 

貿易事務に就きたい【資格について】

 

【お勧めの記事】

 

30代事務未経験転職活動の基本戦略

 

【レビュー】お勧め派遣会社