紹介予定派遣で働きたい【女性が意識する事】

紹介予定派遣で働きたい【女性が意識する事】

紹介予定派遣での就業を考えている方へ。

 

紹介予定派遣で働きたい【女性が意識する事】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

・女性限定の求人に目をつける

 

・担当営業とコーディネーターになめられないようにする

 

・まとめ

 

----------

女性限定の求人に目をつける

男女雇用機会均等法というものがあります。詳しく知らなくても、言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。法令上は、性別によって採用の可否を下してはいけないというようになっています。特殊な場合を除いては。

 

 

ですが、実態は違います。男性しか採用しない職場もあれば、逆に女性しか採用しない職場もあります。今回は女性しか採用しない(厳密に言えば女性中心の採用)求人案件を集中的に狙いましょう、という提案をさせて頂きます。

 

 

見分け方は拍子抜けするほど簡単です。リクナビ派遣や派遣会社に掲載されている求人一覧を見たときに、

・20代30代の女性が活躍中
・ママさんがたくさん働いています

 

 

といった感じで、タイトルや見出しに『女性が活躍していますよ』と記載してあったり、

 

 

掲載されている写真が女性だらけの場合は、確実とは言いませんが9割以上の確率で女性限定の求人です。

 

 

露骨に『女性限定』とは書けないので、遠回しにそのような表現にしています。「女性しか採用しないけどどうしよう?」と聞かれたら、十中八九、人材会社の人間が「こう書きましょうと」提案します。

 

 

ちなみに、新卒・中途採用どちらも同じですからね。

 

 

少なくとも、これで男性の候補者と戦わずに済みます。一気に競争相手が減りますね。

 

 

逆に言えば、男性はこのような案件には応募しない方が賢明です。「女性しか採用しない」と言っている案件に応募するのは、時間の無駄ですからね。

担当営業とコーディネーターになめられないようにする

次に出来れば注意しておきたい事を書きます。

 

それは担当営業や派遣コーディネーターからなめられないようにする事です。言い方を変えると軽く見られないようにするという事です。

 

 

営業とコーディネーターもやはり人間なので、業務中に気の緩みのようなものが出ます。連絡が遅くなってしまったり、業務に抜けが出たり、ミスをしてしまう事があります。そんな時にあおりを受けるのは派遣スタッフです。

 

 

どのようなタイプの派遣スタッフがあおりを受けやすいかと言うと、『非常に控えめなタイプ』『自分の意見をあまり言わないタイプ』である事が多いです。

 

 

こういったタイプを意識して軽く見るわけでは無いのですが、対応を後回しにする場合があります。例えば、

 

 

「今日連絡するって言ったけど、忙しいし明日でも良いや」

 

 

残念ながらこんな事があります。それで明日でいいやと思っているうちに、連絡する事すら忘れてしまうという有ってはならない事が起きます。

 

 

「連絡すると言われたのに連絡が来ない」

 

 

派遣求人を探している人でこんな経験をしたことがある人がたくさんいると思います。その原因の一つは上記のような場合かもしれませんよ。

 

 

女性の場合、非常に控えめ(に見せる)な人が多いので、上記のような経験をしてしまうケースが多くなりがちです。決してそれが良いと言っているわけではありません。ですが、実態としてそういう部分が見られるケースがあるという事です。

 

 

これはどの分野でも同じだと思いますが、

 

 

この人相手にミスは許されない

 

 

という事を意識することがあると思います。

 

 

感覚的な物言いで申し訳ありませんが、余りにも控えめで物静かな印象を与えると上記のようなことが起こる事があります。

 

ですから、

 

・自分の意見を伝えるべき部分はしっかり伝える(ただし、常識的に考えて無理難題の要求をしてはいけない)

 

・疑問に思う事があればしっかりと質問する

 

この2つを意識して求職活動してください。この2つをしっかり守る事で、派遣コーディネーターや営業に良い意味での緊張感を与えます。求職活動をする上で、これは非常にプラスに働きますから是非とも実行してくださいね。

紹介予定派遣で働きたい【女性が意識する事】まとめ

今回のまとめです。

 

・『20代30代の女性が活躍中』『ママさんがたくさん働いています』といった、女性を強く打ち出した文言が掛かれている求人案件は高確率で『事実上の女性限定案件』。男性は自動的に落選することになるので、女性が狙い撃ちすれば男性候補者と競合しなくて済む

 

 

・派遣コーディネーターや営業に対して、『余りにも控えめで物静かな印象』を与えると軽く見られる事がある。適度の緊張感を与えるため派遣コーディネーターと営業には『自分の意思』をしっかりと伝える事が大事。適度の緊張感を与えた方が良い仕事をしてくれるため

 

 

今回は以上です。

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】

 

30代のフリーター、派遣社員が正社員になる方法