求人票の『30代活躍中』の内情

求人票の『30代活躍中』の内情


勤務先の特徴について、様々な質問を頂いております。このコーナーでは、派遣転職活動をしている方々からよく質問を受ける勤務先の特徴について紹介します。

 

今回は、

 

【求人票の『30代活躍中』の内情】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

 

----------

『30代活躍中』のは二つの意味が考えられる

『30代活躍中?20代活躍中の間違いじゃないのか?』

 

 

『30代活躍中』や『エルダー(40歳以上)応援』というフレーズが、求人票に見られる時があります。その時に上記のように思ったり、二度見してしまった経験のある方がいるのではないでしょうか?

 

 

30代以上の求職者は、年齢による再就職であったり転職の難しさを痛感している方が多いと思います。ですから、『30代活躍中』というようなフレーズをみても、少し疑心暗鬼になってしまう方がいるかもしれません。

 

 

実際に、

 

 

『求人票の30代活躍とか、大歓迎という文字はどこまで信じていいんですか?』といった質問を受けることがあります。

 

 

これについては、案件ごとにやはり異なるので、一概に言えない部分はあるのですが、基本的には二つの意味があると考えていいと思います。

 

・人生経験豊富な30代以上の人材を求めている

 

 

・余り人が集まらないので、ターゲットを30代以上に広げている

ということです。それでは、順番に見てみましょう。

人生経験豊富な30代以上の人材を求めている

まず一つ目は、

 

人生経験豊富な30代以上の人材を求めている

 

 

ということです。

 

・職場の人数が少なく余り教える体制が整っていないため、最低限の教育ですぐに実務に取り掛かれるような、経験豊富な人材を求めている場合

 

 

・職場の上司が40代50代の人で、余りにも若い人だと、ちょっと仕事がしにくい場合

このようなシチュエーションの時に、30代以上が求められるということがあります。このような場合、20代後半であればギリギリ対象に入ることが多いですが、20代前半の若い世代は経験的に敬遠されることが多いです。

余り人が集まらないので、ターゲットを30代以上に広げている

二つ目の理由は、

 

余り人が集まらないので、ターゲットを30代以上に広げている

 

 

ということです。

 

 

このケースの場合、本当に様々なシチュエーションが考えられます。

 

・立地が不便

 

・不人気業種、職種

 

・時給が低い

 

・(何かしらの理由で)離職率が高いため『20代じゃなければ嫌だ!』といったようなえり好みをしていられない

私がよく聞くことの多い理由をざっと挙げてみましたが、恐らくまだまだ理由はあると思います。

 

 

理由の中身はともかく人が集まらないので、(本音をいうと20代の人間が欲しくても)30代以上の人も大歓迎ですよという意味で募集をかけているということです。応募者の数を増やしたいという意図があります。

 

 

というわけで、前置きが長くなってしまいましたが、どちらの理由であっても、30代以上の方は内定を獲得するチャンスだと思って頂いて構いません。

まとめ

今回のまとめです。

 

●『30代活躍中』のは二つの意味が考えられる

 

・人生経験豊富な30代以上の人材を求めている

 

 

・余り人が集まらないので、ターゲットを30代以上に広げている

 

 

●『30代活躍中』という記載がある場合、基本的には30代以上の就業のチャンスが高いと信じて大丈夫

 

今回は以上です。

 

 

お勧めの派遣会社

 

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】

 

 

この記事の最初に戻る