求人票の『20代女性活躍中』の意味

求人票の【20代女性活躍中】の意味


勤務先の特徴について、様々な質問を頂いております。このコーナーでは、派遣転職活動をしている方々からよく質問を受ける勤務先の特徴について紹介します。

 

今回は、

 

【求人票の『20代女性活躍中』の意味】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

 

----------

本当に『20代女性活躍中』とは限らない

『20代活躍中!』

 

『20代女性活躍中!』

 

 

このような表記を、求人票でよく見かけることはありませんか?単純にこの言葉だけをみたとき、様々な解釈ができると思います。

 

 

・20代の若い人間が多い職場

 

 

・20代の若い世代が重要なポジションで仕事をしている

 

 

・20代の女性がたくさんいる職場

 

 

正解がどれかということではなく、様々な解釈ができてしまうということです。それでは、本当に『20代が大活躍している』職場なのでしょうか?

 

 

実態はそうとばかりはいえません。

法律による弊害

『20代活躍中!』や『20代女性活躍中!』という表記は、雇用対策法と男女雇用機会均等法による、縛りから逃れるための苦肉の策であるケースが多いです。

 

雇用対策法・・・一部の例外事由を除いて年齢制限を設けることを禁止しています

 

 

男女雇用機会均等法・・・『性別にかかわらず、募集・採用に均等な機会を与えなければならない』とされています

 

 

*2017年9月時点

しかしながら、実際の現場では様々な事情から、年齢や性別による採用を行いたいのが実態です。

 

 

『20代活躍中!』や『20代女性活躍中!』といった表記をすることにより、たとえば『40代の男性』は、

 

 

『自分は40代だから応募してもダメなのかな?』といったように、応募に躊躇してそのまま断念するケースがとても多くなります。

 

 

中には本当に20代が大活躍しているような職場もありますが、基本的にはそのような職場の場合、わざわざ『20代活躍中!』といった記載はしないところが多いと思います。

 

 

やはり、年齢や性別による募集である可能性が高いと考えるのが妥当だと思います。

 

 

参考までにですが、写真の掲載がある場合、若い女性の写真だけを掲載して、視覚的に『20代の女性が対象ですよ』と訴える手法もあります。

応募するのは自由だが、不採用になるものだと思うこと

『20代活躍中と記載があるから、30代の自分は応募したらいけないのかな?』

 

 

このように考える人がいますが、応募すること自体は問題ありません。ただし、前述の通り、企業側は年齢や性別を絞った採用を考えている可能性が高いため、不採用になる確率が高いということを、しっかりと理解したうえで応募するようにしてください。

 

 

このように法律で採用を規制しても、実際の採用活動は煩雑になるだけで、求職者にとっても何もいいことなどありません。どうせ年齢や性別以外の、何か理由を付けて不採用にするわけですから。

 

 

ですから、『20代募集!』といったようなことをOKにしたほうが、企業側・応募する側双方にとっていいことだと、個人的には感じています。

まとめ

今回のまとめです。

 

・『20代活躍中!』や『20代女性活躍中!』といった表記は、20代や20代女性が募集対象であると考えるのが現実的

 

・写真の掲載がある場合、若い女性の写真だけを掲載して、視覚的に『20代の女性が対象ですよ』と訴える手法もある

 

・『20代活躍中!』や『20代女性活躍中!』といった表記のある求人に応募するのは自由だが、不採用になる確率が高いことを覚悟して応募すること

 

今回は以上です。

 

 

お勧めの派遣会社

 

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】

 

 

この記事の最初に戻る