派遣事務が決まらない!【仕事が決まらない時注意する事】

派遣事務が決まらない!【仕事が決まらない時注意する事】

派遣で事務職を希望しているが決まらないとお悩みの方へ。

 

今回は【仕事が決まらない時注意する事】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

・仕事が決まらない時に陥る負のスパイラル

 

・仕事が決まらない時に一番大切な事

 

・まとめ

 

----------

仕事が決まらない時に陥る負のスパイラル

派遣事務職で仕事を探している時、加えて事務未経験であったり30代以上であったりするとなかなか仕事が決まらない事を身をもって体験することになるでしょう。

 

 

そのような時に注意しなければいけない事があります。それは、

 

 

”自暴自棄になること”

 

 

です。

 

 

「自分はなんてダメな人間なんだ」

 

「私を雇ってくれる会社なんてもう存在しない」

 

「私なんか生きている意味が無いんじゃないか」

 

 

顔合わせの前に数十件も書類で落とされて、だんだんとこのように感じてくる人がたくさんいます。単に今回の応募案件では縁が無かったというだけなのであり、別に人格を否定されたわけでは無いのに、何故かそういう風に思えてきてしまうんですね。

 

 

電話で話をしただけでもそれが伝わってきます。実際に会うと、負のオーラを振り撒いているのがはっきり見えます。どんよりしてるんです。

 

 

スピリチュアル的な話ではなく、要するに暗いんです。悲壮感溢れた雰囲気がひしひしと伝わってきます。

 

 

その状態になると顔合わせまで行っても、その暗い感じが伝わり敬遠される事もあります。

仕事が決まらない時に一番大切な事

仕事が決まらず自暴自棄になり、「もうどうしていいかわからない」「自分自身の存在を否定されているようで辛い」そんな時どうすればいいのでしょうか?

 

 

一番大事な事はやはり

 

 

”開き直る”

 

 

という事です。”切り替える”と言っても良いかもしれません。

 

 

事務職というのは派遣だろうが正社員だろうがパートだろうが、はっきり言って雇用形態関係なく内定までこぎつけるのが本当に難しいです。

 

 

最近では特に1名の募集枠でも複数の派遣会社に声を掛けてその中から吟味されることが当たり前の状態になっていますから、余計難しいんです。

 

 

派遣会社としても自社の会員を企業側に送らないと収益が上がらないわけですから、当然採用される確率が高そうな人を選びます。そして、それが複数の派遣会社で行われているわけですから、その倍率たるや実は数十倍の時もあるのです。

 

 

前置きが長くなりましたが、要するに

 

 

”落ちるのが当たり前”

 

 

という状態なのです。

 

 

あなただけじゃありません。事務職(特に未経験)で仕事を探している人は大多数の方々が何十件も落ちまくっているんです。

 

 

ですから、自暴自棄にならないでください。そういうものなのですから。

 

 

当サイトで紹介している転職方法を是非試してください。裏技でも何でも無いですが、現在の就業環境に適した方法であると自信を持ってお勧めしています。効果は実証済みですよ。

 

こちらの記事です

派遣事務が決まらない!【仕事が決まらない時注意する事】まとめ

今回のまとめです。

 

・事務職は雇用形態に関わらず落ちるのが当たり前

 

・数十件落ちるのは珍しくもなんともないので開き直ることが大事

 

 

今回は以上です。

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】