派遣事務が決まらない!【紹介予定派遣の内定難易度】

派遣事務が決まらない!【紹介予定派遣の内定難易度】

派遣で事務職を希望しているが決まらないとお悩みの方へ。

 

派遣事務が決まらない!【紹介予定派遣の内定難易度】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

・紹介予定派遣は直接応募と難易度は変わらない

 

・紹介予定派遣の際に注意する事

 

・まとめ

 

----------

紹介予定派遣は直接応募と難易度は変わらない

まず、大前提の話をさせて貰います。

 

 

紹介予定派遣は、難易度から言ったら転職サイト経由で企業に直接応募する直接雇用と殆ど変わり有りません。

 

 

紹介予定派遣の方が、いきなり正社員に応募するよりも決まりやすいなんて事を言う人達もいるようですが、人材業界にいる私の現場感では差は無いように思っています。

 

 

一般派遣と違って、紹介予定派遣は明確に企業側の【面接】が認められています。

 

 

企業によっては複数回面接を行うところも有ります。また、一般派遣では基本的に職歴の質問がメインになりますが、紹介予定派遣は志望動機も突っ込んで聞いてくる事が多いです。

 

 

入口が派遣会社というだけで、通常の直接応募と変わらないです。紹介予定派遣にある【最大半年間の派遣期間】だって、要するに直雇用の【試用期間】ですからね。

 

 

ですから、紹介予定派遣を利用したいと考えている方は、リクナビNEXTなどの転職サイトで並行して応募する事をお勧めします。

紹介予定派遣の際に注意する事

また、1つ注意点があります。

 

 

紹介予定派遣を利用したいと考えている方は、恐らく大半が【正社員】になる事を希望していると思います。

 

 

そこでその注意点なのですが、直接雇用になった際の雇用形態をしっかり確認してください。

 

 

【紹介予定派遣後の直接雇用=正社員】ではありませんからね。

 

 

あくまでも直接雇用になるだけで、契約社員もあります。

 

 

求人票にしっかりと正社員と書いているかの確認してください。

 

 

また、正社員と書いていても、すぐに正社員になれるのか?を確認することも忘れないでください。

 

 

どういう事かと言うと、実は【契約社員を経た後、正社員】という内容が省略されているケースがあるからです。

 

 

それを雇用契約の段階で初めて言われるんです。そういう大事な箇所をオープンにせず、いざ雇用契約の段階で開示するような会社は自分なら信用が置けないです。

派遣事務が決まらない!【紹介予定派遣の内定難易度】まとめ

今回のまとめです。

 

・直接応募と紹介予定派遣は採用の難易度が大して変わらない

 

 

・紹介予定派遣を利用する方はリクナビNEXTなどの転職サイトも活用する

 

 

・直接雇用後にすぐに正社員になれるかどうかの確認を怠らない

 

今回は以上です。

 

 

【紹介予定派遣制度を利用する人にお勧めの派遣会社】

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】