派遣顔合わせ不採用に関する常識B【失敗は事前の準備で防げる】

派遣顔合わせ不採用に関する常識B【失敗は事前の準備で防げる】

【派遣の顔合わせ、職場見学の後の不採用に関する6つの常識】について

 

今回は【失敗は事前の準備で防げる】についてお話します。

 

それではいきましょう!

 

----------

 

■もくじ

 

・あなた自身に原因が無い場合は仕方が無い

 

・原因はコミュニケーション不足

 

・まとめ

 

----------

あなた自身に原因が無い場合は仕方が無い

自分では良い感じだと思ったんですが、不採用でした。担当営業の方も”特に問題ありませんでしたよ”と言ってくれたんですが

 

せっかく顔合わせまで行ったのに、やらかしてしまいました!!

 

 

前者はやれることはやったけど結果は残念だったというパターン。後者は失敗したという事を自分自身で自覚しているパターンです。

 

 

言い換えると、前者はどうすることも出来ない要因が、後者はどうにか出来たかもしれない要因の二つに分けることが出来ます。

 

 

それぞれどういうことなのか?見ていきましょう。

 

 

まず前者の、どうすることも出来ない要因というのは、あなた自身にはどうすることもできない要素のことです。それは2つあります。

 

 

・顔合わせした企業側の問題(急遽、採用そのものを見合わせることとなった 等)

 

・他の候補者に起因する(その人の方が、経歴的に企業側の希望をより満たしていた 等)

 

 

この2つは仕方無いです。あなた自身に原因があるわけでは無いからですから。ですから、気にする必要はありませんし、気にしてはいけません。実はこのパターン結構あります。特に、「他の候補者により良い人材がいた」というパターンです。

 

 

最近は企業側も複数の派遣会社に声を掛けて、競合させているケースが多い事が原因です。これに関しては「そういうものだ」と割り切ることが重要です。

原因はコミュニケーション不足

それよりも問題は、あなた自身に不採用となった要因がある場合です。

 

 

こちらの要因も2つに分類出来ます。

 

経歴・スキルをしっかりと派遣会社に伝えきれていなかった(コミュニケーション不足)

 

業務経験やPCスキルで誤解が生まれることが多い。例えば、Excelの関数を使用したことがある

 

:@ゼロからファイルを作った事はなく、元々誰かが作成した物を修正なら出来る

 

:Aゼロから関数を使用してファイル作成出来る。

 

 

どちらも使用経験有りですが、中身は全然違いますよね。派遣会社のサイトなどから自分で探して応募する時は、求人欄にある「必要なスキル」をしっかり確認しましょう。明らかに自身のスキルを超えていると感じる場合は、他を当たった方が良いです。

 

 

派遣会社から紹介された場合は、念のために求められているスキルを確認した方が良いです。上記の例で言うなら「Excelの関数を扱ったことはありますが、人が作成したファイルの手直しをしているだけで、0から作成したことはありませんけどそれでも大丈夫ですか?」と言ったような聞き方です。

 

 

電話対応(受電のみか?受電発信ともに経験有りか?)

 

電話対応もケースが分かれます。受電しか経験ない人もいれば、お客様とのやり取りのためにこちらから電話する発信業務もこなしている人もいます。事務職でも営業事務の場合、電話で営業に代って打ち合わせをしたり、時には客先に行くこともあります。

 

 

電話対応の経験有りと一口にいってもその経験領域には幅があるのです。

 

顔合わせの際に不要なこと、NG要素を話した

 

離職理由を話す際などに、これまで就業した企業、従業員に対する不平不満であったり、悪口ととられかねない内容の話をした

 

 

このケース結構あります。スキルも経験も申し分ない。ただ、何気なく言った一言で不信感を抱かれて不採用になる事もあります。基本的に離職理由は簡潔に話す様に心掛けましょう。

 

 

顔合わせの前に担当営業と電話で話をしたり、当日少し早目に会って話をする機会があると思いますが、その際に営業に確認してみてください。恐らく「この言い方はまずい」と感じたら他の言い回しをアドバイスしてくれると思います。

 

 

離職理由は99%聞かれるので、しっかりと事前準備を怠らないようにしてください。

 

 

質問内容に対して、的確な返答を出来ていない(話があちこちに飛んで、企業側が知りたい事を答えることが出来ていない)。このケースでは担当営業が、すぐにその場で補足する事が多い。それは話が伝わっていないと感じたから

 

 

これもかなりありますね。質問内容に的確な返答が出来ないという事は、業務に支障をきたす恐れがあります。十分に不採用の理由になってしまうのです。

 

 

よくあるのが、質問の趣旨は分かっているのに、詳細を話そうとしているうちに話がいろんな方向に飛んでいってしまい、自分自身でも何を話しているのか分からなくなっているケースです。

 

 

質問内容によっては詳細をしっかりと話したい人もいるでしょう。その場合は、結論を先に述べる事を意識しましょう。その上で詳細を話せば、少なくとも意図は伝わるはずです。

 

 

また、担当者がどのようなタイプの人かという事を事前に担当営業に確認してください。【じっくりと話を聞きたいタイプ】【簡潔に説明して貰いたいタイプ】どちらに当てはまるかによっても、話し方が変わってきます。

 

 

実際に、「経歴・スキルは申し分ない。ただ、話し方が回りくどいのでうちにはちょっと合わないですね」

 

 

という理由で落とされるケースもあります。

 

如何でしょう?

 

 

すべてコミュニケーション不足に起因することですよね?

 

 

求められているスキルをしっかり確認する

 

 

営業担当と話をして企業側が求めているのはどんなな人物か?を確認したうえで顔合わせに臨む

 

 

上記のケースは、事前にしっかりと確認&準備しておけば防げるものばかりです。何となく思い当たる節がある方は、是非今回紹介した内容を取組んでみてくださいね。

まとめ

今回のまとめです。

 

■不採用の原因が自分自身に由来しないものは気にしてはいけない

 

・顔合わせした企業側の問題(急遽、採用そのものを見合わせることとなった 等)

 

・他の候補者に起因する(その人の方が、経歴的に企業側の希望をより満たしていた 等)

 

 

■コミュニケーションをしっかりすることで、防げる不採用がある事を知る

 

・派遣コーディネーター、担当営業としっかりコミュニケーションをとり、顔合わせの際に慌てないようにすること

 

・顔合わせの際、質問に対して的確かつ簡潔な返答を出来るように心がける(事前に営業などと打ち合わせして対策をしっかりとること)

 

以上です。

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】