派遣会社から登録を拒否された

派遣会社から登録を拒否された

今回は【派遣会社から登録を拒否された】について書こうと思います。

 

 

結構騒ぐ人が多いんですけど、実は割と良くありますよ。

 

 

登録拒否には2つパターンがあります。

 

@求人案件に応募したはいいが、落選という結果報告のみが来た。もしくは『ご紹介可能な場合にのみご連絡させて頂きます』という案内が来て、そのあと登録会に関する連絡すら無かった

 

 

⇒派遣というか転職エージェントもそうですが、選考を進めて貰い企業との顔合わせまで進むには、会員登録をしなければいけません。単純にその会員登録に関する案内を貰えなかったというケースです。

A登録会に行ったのに登録できなかった

 

 

⇒このパターンは私の知る限り多くは無いですがありますね。登録会に行って、スキルチェックと面談を済ませたその結果『不合格』=『登録拒否』というパターンです。

 

@のケースは本当に良くありますね。ただ、これはむしろありがたい側面もあると言って良いかもしれません。

 

 

というのは、希望の求人案件に応募して会員登録をしに行ったは良いものの、行ったその場で「この案件は既に他に方で進んでおります」と言われるケースが多々あるからです。そして、酷い時だと「今ご案内できる案件が有りませんので、紹介可能な案件が出てき次第ご連絡させて頂きます」という流れで終わる事すらあるからです。

 

 

ちなみに、こういうことがあると「釣り案件だ!」と騒ぐ人がいますが違いますよ。

 

 

派遣求人は基本的に欠員補充の意味合いが強いです。つまり、出来るだけ早く入って貰いたいんです。ケースバイケースですが企業側が派遣会社に依頼してから2週間以内に就業して貰う事を想定して動きます。

 

 

その2週間の間に派遣会社は推薦する人間(会員)の選定、顔合わせの日程調整、雇用契約書の作成というものを進めなければいけません。

 

 

これはとてつもなくタイトなスケジュールです。ですから、応募した際「会員登録にお越し頂いた際に、こちらの案件をご紹介いたしかねる場合があります」というアナウンスが入る事があるかと思いますが、それは上記の事情もあるわけです。

 

 

あなたが登録会の予約をしている段階でも、どんどん希望者が応募をしているわけです。そして、良い人材がいれば紹介してしまいます。

 

 

ですから、登録会に行った時には既に他の人で話が進んでいるケースが起こるのです。

 

 

ただ、派遣会社から仕事の紹介をしてもらうには会員登録をしなければならないので、そのための登録作業であると割り切れば特に波風立てる必要は無いと思われます。他の仕事を紹介して貰えばいいわけですからね。

 

 

実際問題、最初に希望した求人案件で採用されるケースは本当に超レアケースと言っていいくらい難しいので、『採用まで行けたらラッキー。まずは会員登録するんだ』というくらいの意識でいくのが現実的だと思われます。

登録会に行って登録自体できなかった

それよりもきついのはAの

 

 

登録会に行ったのに登録できなかった

 

 

というケースです。

 

 

参考までに言いますと、こういったケースはほとんどないです。登録会で行われるスキルチェックは、あくまでもスキルチェックでありどれだけの実力を持っているのか?というものを調べるためのものですからね。

 

 

ただその結果、登録自体を断られるケースがあります。

 

 

私の知っている限りでは、リクルートスタッフィングはそうですね。もしかしたら時期というものも関係しているのかもしれませんが、実際に私の知人でありました。

 

 

その知人のケースで言うと、案件に応募しました。すると、まずは登録会に来てくださいという案内があります。そして、登録会に行ったわけですが、そこで必要事項の記入などの事務手続きを経て、スキルチェックと面談を行いました。この登録会は個人差はありますが、1時間〜1時間半くらいかかります。

 

 

面談の後に「1週間くらいで結果を書面にて送付させて頂きます」という事と、「紹介可能な場合にのみ会員登録させて頂きます」というアナウンスを受けたそうです。

 

 

これは結構きついですよ。裏を返せば紹介出来無い場合、これだけ時間を掛けた会員登録すら出来ないという事ですからね。

 

 

もちろんこれは、『会員の質を保つ』という派遣会社側の目的もあると思われます。リクルートスタッフィングの時給は他社よりも高いケースが多いので、会員登録のハードルは高いですが、それなりの見返りはあると考えても良いかもしれません。

 

 

ただ、正直この話を聞いた時

 

 

「よくこんなにのん気に登録手続きしてられるなぁ」

 

 

と率直に思いましたけどね。上述の通り、派遣は欠員補充の意味合いが強いでの、出来るだけ早い勤務を求められるケースが多いからです。

 

 

ちなみに、その知人は約1週間後不採用の通知を受け取りました。

 

 

ただ、こういうシステムを取っている派遣会社は私の知る限り他には無いので、そこまで神経質になる必要はありません。

いちいち気にしない事が大事

これから派遣で転職活動をする方は、今回紹介したようなことが起きても

 

 

会員登録の案内をされない事なんて、よくあることなんだ

 

 

と気楽に構えてください。深刻に考えてはいけませんよ。こんなこと日常茶飯事ですからね。

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】