仕事が見つからない30代が見直すべきところ

仕事が見つからない30代が見直すべきところ

『仕事を探していますが、全然見つかりません。やはり30代という年齢がネックなのでしょうか?正社員だけではなく、派遣での仕事にも応募していますが全然決まらないんですよね』

 

 

雇用対策法により『年齢で採用不採用を決めてはいけませんよ』(一部例外事由有り)

 

 

とはなっていますが、これはあくまでも建前。実際は企業からすれば、会社の存亡に直結する採用活動において、こんなこと守ってはいられません。

 

 

言ってしまえば、本当は年齢で不採用だけれども、別の理由をつけて不採用にすればいいだけですからね。

 

 

ですが、そういう中でも求職者は内定を勝ち取らなければいけません。

 

 

私は転職エージェントとして日々、多くの企業の採用担当者や求職者の方々と直接お話をさせて頂いております。

 

 

その中で雇用形態関係なく、長期間(目安として三ヶ月以上)、一つの内定も出ない方々の多くに見られる特徴について、今回は紹介したいと思います。

 

 

その特徴とは一言でいうと【自身の市場価値を見誤っている】です。

市場価値を理解すること

自身の市場価値を見誤っている】ですが、これは下記のような特徴がみられます。

 

・年齢による不採用に不満を述べているのに、自身の希望は年齢にふさわしいものを求めている(主に年収)

 

 

・『あれも出来ない』『これはやりたくない』といって、なかなか応募をしない

 

 

・自身の希望条件を100%満たしてくれる求人ばかりに目がいく

 

 

・『経験はないが、チャンスさえ貰えれば自分ならできる。若い人たちには負けない』というように、根拠の無い自信を見せる

 

細かくいえばもっとあると思います。

 

 

市場価値というのは時勢によってかわってきます。自分では高いスキルを持っていると思っていても、世の中的にはすでに使われていないスキルであったり、実はレベル的には平均以下であったりします。もちろん、その逆パターンということもあります。

 

 

あくまでも市場価値というのは、自分で判断することではなく周りが決めることです。

 

 

30代で長期間仕事が決まらない方は、話をしているとご自身の市場価値を見誤っているケースがとても多く感じます。ただ、それは普通に生活をしていたらわからないことだと思いますし、多少勘違いしてしまうのは致し方ない部分もあると思います。

 

 

ですから、一度、派遣会社や転職エージェントなどに登録をして、その時点でのご自身の市場価値というものを確認する機会を設けては如何でしょうか?

 

 

あなた自身の経験・スキルの価値を見直し、転職市場における位置づけをしっかりと理解することは、内定を勝ちとる上で非常に有効な手段だと思います。

 

 

 

30代事務未経験転職活動の基本戦略

 

 

テンプスタッフ公式サイト:常時約10,000件の求人数。未経験からもチャレンジ出来る案件が多数ある、最初に登録したい全国対応の派遣会社【お勧め度:AAA】

 

・パソナ公式サイト :医療・製薬業界、金融業界に強みをもつ。海外展開もしているワールドワイドの派遣会社。【お勧め度:AA】

 

・スタッフサービス公式サイト
:事務領域に強み。全国対応しているリクルートグループの派遣会社【お勧め度:AA】